行政書士に依頼するメリット

在留資格(ビザ)・帰化申請の手続きを行政書士に依頼するメリットとは何か、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。そのメリットを、大きく2つに分けてご説明します。

審査に通る可能性が高まる

外国人雇用率が高まる中、虚偽の申告や書類を提出する人もいるため、近年では審査での対応が厳しくなっています。そのため、行政書士の必要性がますます高まっています。

行政書士は、審査のポイントや必要な書類、理由書を書くときの注意点を熟知しています。申請業務に精通しており最新情報にも詳しいため、在留資格(ビザ)や帰化申請に関する的確なアドバイスが可能です。矛盾点をなくし、ポイントを踏まえて審査官が納得できる書類を作成します。自分で手続きをするよりも、許可される確率が高くなるのです。

時間の節約になる

行政書士が必要な書類をリストアップし、書類を収集するため、自分で集める書類が少なくなります。また、入管法や出入国管理業務の知識がある行政書士は、本人に代わって申請を行うことが認められています。そのため入国管理局へ出頭する手間が省けます。お休みがなかなか取れない方や忙しい方は、行政書士に依頼することで仕事や学業に専念することができるのです。

また、行政書士は、分かりやすさを心掛けて申請書や添付書類を作成しています。従ってスムーズに手続きが進み、早期の審査・許可が期待できます。皆様の貴重な時間を守り、支えるのが行政書士の役割なのです。

日本で働きたい、新しい生活をスタートしたい皆様のために、東京都渋谷区にある弊事務所の経験豊富な行政書士が対応させていただきます。在留資格(ビザ)・帰化申請のお悩みや不安をじっくりとお伺いした上で、分かりやすさを第一にご説明し、ベストな選択をご提案します。

弊事務所は東京都渋谷区、恵比寿駅の近くにあります。入管手続きを専門としておりますので、安心してご相談ください。